こんにちは、ハクです。

 

今回の記事はリアルタイムな話なんですが、

実は僕の母校からついに現役で

早慶上智合格者が出たようです。

 

「ようです」って言うのは、

僕の高校の友人であるAに最近会って

聞いた話なので、自分の目で確認した

訳ではないからです。

 

といっても、ほぼ確実でしょう。

 

本当なら僕の家のポストにも

高校の同窓会からお手紙が定期的に届いて

卒業生の進路についてなどの情報を

知ることができるのですが、

 

僕は大学に入ってから家賃滞納等でついに

前住んでいた家から追い出されて、

住所が変わってしまったので

母校の情報を受動的に知ることは

できないんですよね。

 

友人のAに聞くか、

ネットで調べるしかない

状態です。

 

まあ、それはクソどうでもいいんですが、

とにかくあの高校(偏差値40台)

から早慶上智合格者が出るとは、

ちと腰抜けしました。

 

一人で3つに受かった可能性もあるので

複数人が最難関私大に合格したとは

断言できません。

 

僕の時も明治合格者3人と読み取れる

書き方をしていたので・・・。

 

僕が一人で3学部合格しただけなのに。

 

それでも、早慶上智合格者を

出したというのは事実ですね。

 

明治合格者である僕はあんまりデカイ顔が

できなくなってしまいましたな。(笑)

 

いやー、ちょっと今日の記事の書き方は

いつもと違う感じだと思いますが、

本当にビックリしてるんです。

 

どうやら、

僕やAが卒業してからだいぶ進路指導に

力を入れるようになったみたいですが、

「まさかそんなに早く結果が出るか」と

いった感じです。

 

それで、

今回この記事を書こうと思ったのは、

何もあなたに「僕の高校(底辺)から

早慶上智が出たよ!」

と言うことだけを

お伝えしたいわけではありません。

 

それではあなたにとって何にも

意味のない記事になってしまいますからね。

 

今回、このような結果

(底辺から早慶上智合格)が出たのを

僕なりに考えてみて、

受験生のあなたにも知って役立つと

思うものを見つけたので

お伝えしたいと思います。

 

「環境」がどれだけ大切か

 

結論から申しますと、底辺高が

進路実績を劇的に改善できたのは、

「環境」を大きく変えたから

だと思います。

 

とういうのも僕がまだ高校にいた頃は

とにかく進路指導にやる気なかったんですね。

 

口では何だかんだ言ってるんですが、

具体的なことをやらないから

目に見えて進路実績は上がりませんでした。

 

それで具体的に僕の高校がどのように

環境を大きく変えたかというと

次の3つです。

 

・「特進科」を設置

・早期からの進路指導

・徹底したスパルタ教育

 

改革1.特進科を設置

 

僕の高校には元々「普通科」

しかなかったんですが、

僕が卒業してから「特進科」が

設置されたんですね。

 

ぶっちゃけこれが一番デカイと

思います。

 

まずこの「特進科」に入るには

入学時のテストで上位に入る必要が

あります。

 

点数が良かった順に選抜していきます。

 

1クラス40人で5クラスあるとするなら

200人中40位に入る必要がありますね。

 

ただ、入学時に高得点を取れて

「特進クラス」に入れたからといって

ずっと卒業までそこに入れる訳では

ありません。

 

ここがかなり重要なポイントですね。

 

詳しいことは分かりませんが、

入学してからの定期テスト等の

結果によっては、入れ替わりが

あるようです。

 

つまり、入学時に優秀でも

その後サボれば普通クラスに

落とされるわけです。

 

今、僕の高校には

このような「競争の原理」

が働いているんです。

 

考えてみれば、僕がいた頃は

なんかガツガツした感じがなかったんですね。

 

それはそれで好きなんですけど、

やっぱり進路実績を上げようと思えば

良い意味で殺気立った雰囲気を

学年全体に作る必要があります。

 

常に競争を強いられるわけで、

周りに勉強をしてる奴らが

事実としているということなんです。

 

目に見えるからこそ

意味があります。

 

僕がいた頃は、僕みたいにコッソリ

勉強しているやつしかいなかったので

本当に勉強しているっていう奴が

いるかどうかも分からないくらいでした。

 

何だか勉強をする方がバカなんじゃないか

と思われてしまう雰囲気だったんですよ。

 

まったくおかしな話です。(笑)

 

ここが環境の大きなところですよね。

 

周りに頑張っている奴がいれば

自分もやろうと思いますし、

仮に良い大学に行こうなんて思ってなくても、

そういう話をしている奴を見れば

ちょっとは興味を持つはずです。

 

僕のいた頃は

「MARCH」なんて言葉が

禁句みたいになっていましたからね。

 

そこらの受験生が会話の中で使う

ワードがまあ出ないこと出ないこと・・・。

 

「センター試験」1週間前で

みんなが教室や廊下で何を

話しているかというと

今流行りのスマホゲームやアイドル

についてですからね。(笑)

 

こんなんじゃロクな結果しか出ないのは

明白です。

 

改革2.早期からの進路指導

 

これも大きな要因ですよね。

 

ここは生徒の意識に関わる部分です。

 

そもそも、なんで今まで僕の高校が

しょぼい進路実績しか出せなかった

のかというととにかく生徒の意識が

低かったんです。

 

そこに学校はメスを入れた訳です。

 

前は3年になってようやく

「大学はこういうとこです」とか、

「受験勉強をやりましょう」とか、

明らかに他校では1年の時に

話しているようなことを話していたんです。

 

本当に遅すぎる。

 

3年になって話されてそこから大きく意識を

変えるのは難しいです。

 

仮に意識が大きく変わっても、そこから

間に合うかが問題です。

 

いや、まあ全然間に合うんですが、

多くの生徒は「もう間に合わない無理だ」

ってなって絶望してしまうわけです。

 

だからこそ、まだ時間のある1年生の時から

進路について考えさせる必要があります。

 

早くから意識付けができれば、

余裕を持って進路対策が可能です。

 

ちょっと話が逸れますが

近年、「教育格差」の問題が頻繁に取りざた

されていますよね。

 

そして、

その要因に「経済格差」と「地域格差」

の2つの側面があると言われています。

 

簡単に言うと「経済格差」は

金持ちの家庭に育った子供は

幼少期から質の良い教育

(家庭教師や進学塾や私立学校)

を受けられるから

 

結果的に偏差値の高い大学に行けて

就職も有名企業に入れるみたいな

ことです。

 

今僕が話した「意識」については、

「教育格差」の2つの側面のうち

もう1つの「地域格差」にも

見ることができます。

 

この「地域格差」というのは、

田舎だと大学もろくにないし、

情報も都会に比べれば少ない、

総じて大学について考える機会が

少ないというものです。

 

東京にいれば、

大学はそこらにあるし、

電車に乗れば大学生らしき人を見かける、

予備校や塾がそこらにある。

 

極めて大学という存在が身近なのが

都会なわけです。

 

これはある記事で見たのと、

大学で聞いた話ですが、

田舎だと「大学って何?」

っていうレベルの人がいるようです。

 

我々都会に住んでいる者からすれば、

ちょっと理解できない話ですが、

本当の話のようです。

 

これは何も「都会ー地方」の構図のみで

見れるのではなくて、都会の中の

「進学校ー底辺校」の構図にも

見ることができますよね。

 

都会であっても底辺校と

進学校では大学について考える機会と

情報の格差がありますからね。

 

ここは底辺校の生徒にとって

かなり損をしている部分です。

 

極端な話をすると、

 

「もし、良い大学に行くのがどれだけ

この日本社会においてアドバンテージに

なるのかを話してくれれば、

 

そこから猛勉強をして良い大学に

行ったかもしれないのに、

そういう話を聞く機会もなかったために、

知らないから結局Fラン大学に行って

お先真っ暗になってしまった・・・。」

 

みたいなことです。

 

知ってるのに何もしないなら、

その人のせいになりますが、

そもそもまず情報格差の部分が

フェアじゃないから

落ち度がその人に全てあるとは思いません。

 

それだけ環境が大きいです。

 

だから意識付けをしっかり

してくれる環境は

とても有り難いことです。

 

それがないなら、

自分で情報を取りに行かないと

いけない。

 

↑ここは僕とAがまさにやったことです。

 

僕ももし当時自分から取りにいかなかったら

今頃何をしていたか分からないと思うと

恐ろしいことです。

 

うーん、この「教育格差」の中の

「経済格差」だけではなく、

「地域格差(情報格差)」の側面は

見過ごせせない問題ですよね。

 

改革3.徹底したスパルタ教育

 

改革の3つ目は「徹底したスパルタ教育」です。

 

これは具体的に何をやっているかというと

「土曜講習」と「勉強合宿」ですね。

 

どうやら土曜日に予備校の講師を招いて、

大学受験対策に特化した授業を

行なっているようです。

 

ガチで上を目指す人は週6で学校に

行って勉強をしているということです。

 

ちょっとこれは僕には無理ですね。

 

学校で勉強するのが嫌いだったんで。(笑)

 

授業が嫌で、家でコソコソやりたい派でした。

 

僕の大学受験勉強における

ポリシーは一貫して「授業はクソ」

ですが、意識がそれなりにある生徒が

レベルにあった授業を段階的に受ければ

それなりに伸びますね。

 

でも、結局独学には敵いませんけどね・・・。

 

机にしがみ付いて、勉強した感があるのに、

参考書学習に勝てないっていうね。

 

これが授業の限界です。

どんなに真面目に受けても、

周りも同じものを受けているから

大きく偏差値が上がることはありません。

 

だから早慶上智に行った子はどういう

勉強をしていたかは分かりませんが、

自分より確実に頑張ったと思います。

 

僕は超コスパ重視でやったので、

勉強量も時間も負けていると思います。

 

言ってしまえば、僕の勉強は付け焼き刃です。

 

ドーピングです。

 

短期間で授業とか無視して

偏差値を20以上上げる

ドーピング勉強法を知りたい方こちらから。(笑)

ドーピング勉強法

 

 

うーん、でもやっぱり早慶は凄いですよね。

 

僕は明治と学習院しか受けていなくて、

早慶の試験は受けていないので

分かりませんが、

 

仮にドーピング勉強法を使っても

死にかけるほど勉強する必要は

あると思います。

(1日6時間勉強とかぬるい。)

 

自分がMARCHに行ってるから

誤解も恐れずに言ってしまいますが、

実際MARCHって「付け焼き刃」でも

行けてしまいます。

 

前に、

MARCH合格の裏ワザ!?偏差値40台の受験生が今からMARCH合格を勝ち取る方法

という記事を書きましたが、これって本当なんです。

 

だからもしあなたが

「MARCH」に行きたいなら

そんなに高い壁と思う必要はありません。

 

チャレンジすべきです。

 

合格最低点は6割ちょいの学部もあります。(爆)

 

だからこそ戦略的にやっていけば、

皆んなが思うほど、

難しいことはありません。

 

なんだかMARCHは凄いみたいな

世間の風潮がありますけど

それは皆んながあまりに

やらなすぎだからです。

 

必要以上に恐れすぎだからです。

 

あ、でもこれも先ほどの話の

「情報格差」と同じ原理です。

 

MARCHが大したことのないってことと、

それを裏付ける情報を知れる環境があるかどうか。

 

底辺校と進学校の格差。

 

貧困家庭と富裕家庭の格差。

 

「あらゆる環境」で情報格差は広がっていきます。

 

怖いっすね。情報格差。

 

知ってるか知らないか。

 

これは受験勉強に限ったことではないから余計に怖い。

 

「環境」は大きいけど環境のせいにしてやらないのは違う

 

今回の記事は書き殴ったように書いたので

読みにくかったと思います。

 

すいません・・・。

 

でも、僕が伝えたいことが

少しでも伝わったのであれば幸いです。

 

今回、「母校が早慶上智合格者を出したことから改めて環境の大切さを感じた話」をテーマにお話ししました。

 

僕なりに3つの要因があるとして

・「特進科」を設置

・早期からの進路指導

・徹底したスパルタ教育

を書きましたが、

この3つは全て「環境」

という言葉に集約できます。

 

進路実績を上げたいなら、

・勉強したい生徒が勉強しやすい

・自発的に勉強させる

環境を整備する必要があります。

 

まー、僕の頃は、授業はうるさかった。

皆んなやる気なかった。

教師はテキトーだった。

 

もし、あなたが今いる環境が

悪いなら?

 

それは僕やAのように自分で

工夫していくしかありません。

 

間違えてはいけないのは

受験勉強をやらないのを

環境のせいにしてはいけないこと。

 

もちろんこれまでの話で

環境の大きさを散々語ってきました。

 

でも、環境が全て悪いわけではありません。

 

環境が結果にもたらす影響を

占める割合は大きいです。

 

でも、だからと言って環境のせいにして

何もやらないというのは怠慢です。

 

辛いのは分かります。

 

言い訳したいのも分かります。

 

でも、辛い環境にいても

成功した人は沢山います。

 

確かに人の数倍努力しないと

いけないかもしれません。

 

そこでやるかやらないかは

あなた次第です。

 

もし、厳しい環境にいて、

少しでもその環境から

成功する方法を知りたいなら、

一度僕がやった勉強法を

読んでいただければと思います。

 

今から数年前の夏、僕は

ここに書かれている勉強法

人生を変える一歩を踏み出せました。

 

あなたにも是非挑戦して欲しいですね。

 

何だかとりとめのない記事に

なってしまいましたが、

最後までお読みいただいた

あなたには感謝です。