こんにちは、ハクです。

 

スマホが登場してから、LINE、ツイッター、インスタグラムといった様々なSNSが開発され、周囲と容易にコミュニケーションが取れるようになり、世の中の情報も簡単に手に入れるようになりました。

 

素晴らしく便利な世の中になったものですが、こと受験勉強においてはこのスマホが多くの受験生にとってやっかいな存在になります。

 

特に今まで勉強をする習慣がなかった受験生ほど受験勉強を始めてからスマホの誘惑に悩まされていると思います。

 

「勉強しないといけないけど、ついスマホが気になって・・・」とシャーペンではなくスマホを握ってしまうようでは当然合格までの道のりは遠くなってしまいまいます。

 

そこで今回は受験生の正しいスマホとの付き合い方をお伝えします。

 

この記事を読むことで、スマホと上手に付き合う方法を学べます。

 

スマホが受験勉強の邪魔になるどころか、実は受験勉強を手助けしてくれる存在であることが分かるでしょう。

 

受験勉強をする時はスマホの電源を切る

 

これはまず基本になりますが、勉強をする前にスマホの電源を切りましょう。

 

スマホの電源を切ると見ようにしてもまた電源をつけないといけないので、面倒になってスマホを見ようとする気が起きなくなります。

 

これが電源を切らないと、いつでも簡単に見ることができてしまうので、つい勉強から意識が逸れてしまいます。

 

受験勉強をする時はスマホは目に入らないところに置いておく

 

次はスマホを自分の目に入らないところに置いておくことです。

 

当たり前ですが、スマホが目に入るところにあればつい気になってスマホを触ってしまいます。

 

具体的には机の中にしまう、カバンの中にしまう、自分の机で勉強しているならリビングにスマホを置いておく、というのがオススメです。

 

「電源を切る」、「目に入らないところに置いておく」この2つを徹底するだけでもだいぶスマホの誘惑に負けなくなります。

 

スマホを見るタイミングは「科目毎の勉強の間」にする

 

これは僕が実際にやっていたもので、とてもオススメの方法です。

 

まず何も受験勉強を始めたら1日中スマホを見てはいけないわけではありません。

 

というのも人間はそんなに強くない生き物だからです。

 

友達からLINEが来てるか気になってしまうのは仕方ないことなんです。

 

ただ、あなたが気をつけないといけないのは1点だけです。

 

それは、

「勉強の最中にスマホを見てしまうこと」

です。

 

”勉強の最中は”気をつけましょうということです。

 

そこでオススメの方法があります。

 

「スマホをみるタイミングは『科目毎の勉強の間』にする」ということです。

 

例えばあなたの受験科目が「英語・国語・日本史」なら「英語」、「国語」、「日本史」それぞれの科目の勉強の間を「休憩時間」にしてその時にスマホを見るようにするということです。

 

「英語」→「休憩」→「国語」→「休憩」→「日本史」というようにすることで、スマホを見ていい時間というのを自分の中で作ります。

 

先ほど言いましたが、やってはいけないのが「勉強の最中にスマホを見てしまうこと」なんです。

 

ただそれだけです。ここが守れていれば、問題ありません。

 

1日中スマホを封印しないといけないと思うとストレスですよね。

 

こうやって自分の中でスマホを見る時間(休憩時間)というのを作ることで、上手にスマホと付き合いながら、受験勉強を進めることができると思います。

 

スマホは決して受験生の敵ではない

 

僕がこの記事でお伝えしたいのはスマホは受験生の敵ではなく上手に付き合うことで、受験勉強を手助けしてくれる仲間にもなるということです。

 

これはどういうことかというと、例えば日本史の一問一答集の中で出てきた用語のイメージが掴めにくい時は、あとでスマホを使ってその用語を調べるということをしていました。

 

具体的には「wikipedia」で調べていました。

 

日本史の一問一答集のような参考書を使って勉強している方は分かると思いますが、1つ1つの用語の詳しい説明が載っていないんですよね・・・。

 

日本史の暗記のコツは僕はその「用語のイメージをどれだけ膨らませられるか」だと思っています。

 

「イメージを膨らませる」というのは、その用語の「因果関係」であったり「前後関係」などを知るということです。

 

「wikipedia」は1つの用語に対してかなり詳しい解説がされていますから、1つの用語を調べるだけでその「因果関係」であったり「前後関係」を知ることができます。

 

試しに「伊藤博文」というワードを「wikipedia」で入力してみてください。

 

これだけで明治初期の歴史の全体像が何となく分かってしまいます。

 

その時代のキーマンとなる人物ほど調べる価値はあります。

 

英語でもスマホ活用術はあります。

 

僕は参考書での自学自習のスタイルで受験勉強をしていたので、何かわからない人がいても聞くことができませんでした。

 

だからちょっと文法の参考書を勉強している時に理解しづらい文法事項があった時はヤフーで調べて、サクッと解決していました。

 

今はインターネット上にわかりやすく解説されたサイトが沢山ありますので、スマホを使ってサクッと調べて解決することができます。

 

「参考書学習だと聞ける人がいないから・・・」とか遠い昔の話です。

 

学校の先生よりよっぽど詳しく解説してくれるサイトなんていっぱいあります。

 

てか学校の先生ってほんと教えるの下手くそなんですよね。まあ詳しく解説する時間もないというのもわかりますが、それだとデキない生徒はいつまでたってもデキないままです。

 

だから自分がデキない生徒と思うなら思い切って勉強法を変える必要がありますね。

 

僕はこの「非常識勉強法」に勉強法を変えてから勉強に対する見方が変わりました。

 

参考書とかサイトを活用した勉強法で勉強ができるようになった人なんていっぱいいます。

 

だからスマホも使い方次第です。

 

スマホが気になって集中できないならやはりスマホの電源を切って自分の目に入らないところに置いておく必要がありますし、自分で制御できるなら別にスマホの電源は切らずに、わからないことがあったらすぐに調べるというように活用するのもありです。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。