「非常識勉強法」読者限定メール講座第2回

 

あなたの受験結果が不合格になってしまう最大の原因とは・・・?

 

 

こんにちは。ハクです。

 

今日は、

「あなたの受験結果が不合格になってしまう最大の原因とは・・・?」

をテーマにお伝えしようと思います。

 

あなたの偏差値が入試本番までに

志望校の偏差値に届かず、

不合格という最悪な結果に

ならないために・・・。

 

この原因を知らずに勉強し続けても、

莫大な時間と労力だけがかかって、

それにも関わらず不合格という結果

を招いてしまいます。

 

あなたがどんなに周りの受験生より

朝早く起きて、深夜まで眠気と格闘しながら

勉強してもです。

 

模試は何度やっても返ってくる

結果はいつも「E判定」の文字・・・。

 

勉強しているのに、

偏差値が上がらないで不合格になる

・・・なんていうのは絶対に

避けたいところです。

 

でも、受験は残酷です。

当たり前ですが、

受かる人もいれば落ちる人もいる。

 

落ちる人がいるから受かる人が

いると言えます。

 

では、その両者を分かつものは

 

「非常識勉強法」を既に読んだ方なら

この答えはわかるかと思います。

 

あなたの偏差値が上がらない原因・・・

 

それは・・・

 

・・・・

 

・・・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・・

 

・・・・・・・・

 

「授業」です。

 

この「授業」が一体あなたの

偏差値を上げるのをどれだけ妨げてきたか

それをここでお話しすればキリがありません。

 

ということで、この読者限定ページでは

重要なポイントのみお伝えします。

 

 

でも、いきなり

「授業が偏差値を上げるのを

妨げている!」なんて言われても

しっくりこないですよね。

 

かくいう僕も最初はそうでした。

 

僕に「非常識勉強法」のエッセンスを

授けてくれた高校の恩人である友達のAから

 

「授業なんてクソだよ」

ファミレスで言われた時は、

 

「何言ってんだコイツ」、

「授業のどこが悪いんだよ」

と正直思いました・・・。

(Aとの出会いについては

詳しく明日辺りで話そうと思います。)

 

事実、日本の教育において、

「授業」は当たり前のように

行われていますし、誰もが疑わずに

信じてきたものだと思います。

 

でも、当たり前のように

行われているのは

もちろん授業にも良い面がある

からです。

 

しかし、それは「非常識勉強法」で

話した通り、

「皆の学力を等しく上げられる」

という点においてです。

 

確かに、僕もあなたも漢字の読み書きも

最低限できるし、

算数の99だっていちいち計算しなくても

分かることから理解できると思います。

 

「おれは99ができない・・・」

っていうあなたの周りにいますか?

 

恐らくいないですよね。

 

僕みたいに数学ができなくとも、

算数はできますよね。

 

でも、これってよく考えると

結構すごいことです。

 

世界を見れば大人になっても

言葉が話せないとか

文字が書けないなんていう人が

存在します。

 

散々「授業はクソだ!」と言って、

授業をディスってる僕ですが

”そういう点”では「授業」に

感謝しなくてはいけませんね。

 

 

ただですよ、ここで忘れてはいけないのが

大学受験は熾烈な競争だということです。

 

小学校・中学校の勉強とはワケが違います。

 

そんな弱肉強食の争いにおいて、

のんきに皆の学力を等しく上げる授業

を受けていては勝負にならない

と言うことです。

 

まだ良いですよ、

今現在偏差値が60とかある人は。

授業を受け続ける余裕もあるかもしれません。

 

 

ただあなたはどうですか・・・?

 

今の偏差値が45とか

50だったりしませんか?

 

当時の僕は43でした。

 

英語が本当に酷かったです。

 

しかも、受験まで余裕で1年きっている。

半年しかない状態。(ヤバい、ヤバい汗)

 

 

おそらく、今この文章を読んでいる

あなたも余裕がないと思います。

 

今偏差値が60あるとか

「まだ高校1年生です。」

みたいな人は恐らく読んでいないでしょう。

 

仮に読んでいても、

「非常識勉強法」のノウハウなしでも

十分合格できるでしょう。

 

では、今、偏差値40、50とかしかなくて

これから偏差値を最低でも10上げる必要がある人は?

 

もしくは、僕のように偏差値を20上げる必要がある人は?

 

今あなたが何をすべきかはとても

シンプルです。

 

余裕がないなら、まず「授業」を捨てなければなりません。

 

今こそ「授業」を捨てる勇気を持つ

必要があります。

 

なぜ、僕が偏差値40台の底辺高校から

学年でただ一人明治大学に合格できたかというと、

言ってしまえば、この「授業」を捨てたからなんです。

 

ちょっと信じられないかもしれませんが、

授業という呪縛から逃れられたからこそ、

僕は大きく偏差値を上げることができました。

 

だから僕は周りに

「なんでそんな勉強できるようになったの?」

とか「高校はダメだったのに、

なんで良い大学に行けたの?」

と聞かれたら、一言こう返しています。

 

「授業を捨てたらから。」

 

もちろん授業を捨てただけで

偏差値は上がりませんが、

 

逆転で合格を勝ち取る最初の一歩として、

「授業は無意味」、「授業を捨てる」

という「思考」と「行動」に転換するのは

非常に大切だということ

です。

 

 

逆に僕やAと違って、

最後まで受験勉強における「常識の壁」

の存在に気づけず、「授業」を

捨てることができなかった人たちは

というと・・・?

 

無残にも散っていきました。

僕は身近な人(クラスメイト)

でそういう人を見てきました。

 

 

ちなみですが、

あなたは高校3年間で

どれだけ授業を受けることになるか

分かりますか?

 

大体で良いんで考えてみてください。

 

・・・

 

・・・・

 

・・・・・

 

まあ、どれだけ授業を受けてきたなんて

普通は気にすることはないですよね・・・。

 

 

 

答えを言うと、

 

高校3年間で3000時間です。

 

年間1000時間です。

 

 

1日6時間、週30時間、月120時間。

夏休みなどの長期休暇を除いても

1000時間はあるわけです。

 

予備校や塾に通っている人はもっとですね。

 

それだけ膨大な時間を授業に

費やしてきたのに

 

当時の僕も今のあなたも偏差値が

「45」とか「50」だなんて

こんな悲しいことはありません。

 

3000時間で全く偏差値が

上がっていないんです。

 

何千時間と授業を受けてきて、

 

→英語の長文もまともに読めない

→英文法も分からないところだらけ

→現代文はいつも当てずっぽう

 

みたいな感じだと思いますが、

これって相当ヤバいことですよね。

 

ですので、どこかの時点で

 

「あれっこれっておかしいんじゃないの?」

「あれ、授業って意味なくね?」

 

と自分で気づければ良いのですが、

それはかなり難しいことです。

 

先ほど言ったように、

それは授業を受けて当たり前だというのが

僕らのこれまでの「常識」ですし、

 

誰もそんな「授業はクソだと」

なんてことは言いませんからね。(笑)

 

僕がAからこのようなことを

言われて目を覚ましたように

誰かに言われてようやく

「ハッ」となるわけですね。

 

ある意味、授業は洗脳に近いもの

と言えるかもしれませんね。

 

受験勉強には「授業」が必要と誰が決めたんでしょうか?

 

決めたわけではないのに、

皆なぜか勉強というと

授業を一生懸命受けようとします。

 

学校の言うこと、先生の言うこと、

周りが言うこと、やってることを

盲目的に信じてしまう受験生が

非常に多いです。

 

それで上手く行けば良いですが、

上手くいかない受験生が殆どです。

 

世間が言う常識というものを実践して

上手くいくのはある程度できる人です。

 

受験勉強で言えば、

授業を受けて偏差値が満足に上がるのは

偏差値がある程度高い人。

 

「常識」(ここで言う授業)

というのは現状で偏差値が低い

受験生が取るべき選択では無い

ということです。

 

次に、受験勉強における授業の代表格である

「予備校」のカラクリついて

お話ししようと思います。

 

どんなに頑張っても予備校では逆転合格が不可能な理由

 

大学受験を一般入試で受けようとする

大半の受験生が予備校や塾に通っている

(通おうとする)というのが現状です。

 

事実、受験にやる気がない

僕の高校ですら一般組はおしなべて

予備校に通っていました。

 

 

しかし、予備校に通って

僕と同じようにMARCHを受けた子は

全滅していました。

 

これは僕の高校の生徒が

進学校の生徒に比べて

偏差値が低いという理由が大きいです。

 

そりゃ高校の偏差値40台だから

質が低いのは当然なんですけどね。

 

ちょっとここで下の図を見て欲しいのですが、

多くの受験生が通う「予備校」とは

どのような場所なのかが分かると思います。

もうお分かりですが、

予備校というのは

1年で偏差値をMAXで10上げるのを

目的にカリキュラムを作っています。

 

何も1年で偏差値が20上がるようには

カリキュラムを作っていない

ということです。

 

それを知ってか知らずか、

1年でMARCHなどの難関私大合格を目指して

予備校に通うという選択肢をしてしまう

受験生が多くいます。

 

何度も言いますが、現状偏差値が高い受験生は

良いんですよ。

 

この図で言えば、今、日東駒専に

余裕を持って受かることのできる

偏差値55くらいの

受験生は1年しっかり予備校で勉強すれば

MARCHの安全圏まで到達できます。

でも、今偏差値が45しかない受験生は

高3になって予備校に通ったとしても

55までしか伸ばせません。

 

ちなみに僕は予備校にまともに

通った経験がないのに、

なぜ予備校の裏事情について

知っているかというと、

 

僕の高校の友達で

予備校に1年から浪人まで

4年間通って学習院に受かった子が

いるのですが、その子に

受験が終わった後に色々お話をしたからです。

 

予備校のカリキュラムでは

テキストをいついつまでに

終わらせるかどうかをもう学期の初めに

全て決めてしまっていて、

そのペースを崩すことはできないんです。

 

この点は学校の授業と同じですねー。

 

僕の通っていた高校では

まともに受験勉強をしている人が

レアだったので、

恩人のAとその学習院の子くらいしか

受験勉強の話をした記憶はないですね。

 

この点、受験勉強は「情報戦」でもあるので、

周りに頑張っている子が少ないと

モチベーション的にも辛いところです。

 

ただやっぱり、4年間予備校に通って

それこそ400万近くを費やして、

やっとの思いで受かったのが学習院というのは、

いかに予備校が受験勉強において

非効率かが分かります。

 

一応偏差値は上がってるんですが、

凄い時間的にも金銭的にも

勿体ないと思ってしまいます。

 

ちなみにその学習院の子は

定期テストでは常に学年トップ5に入る

真面目な子なんですけど、現役では

MARCHに全滅しています。

 

学校の授業とか真面目に受けても

本当に仕方ないんですけどね・・・。

 

ましてや定期テストでトップ5に入っても

明らかにMARCHの入試レベルと

違いますから、ここを勘違いしてしまうと

致命的です。

 

あとは高校の友人でいうと

意識だけ高い子がいて、

先日のメルマガに登場しましたが、

「1日10時間勉強」を豪語していた子ですね。

 

やたら学校で受けた模試で明治で「A判定」が

出たとか僕に自慢してきた記憶があります。

 

(実際は予備校で一回受けてたから、既に答えを知っていたというのはここだけの話です)

 

このインチキ野郎は某予備校にみっちり

通った挙句の果てにFラン大学に行きましたが、

学習院の子との共通点は

授業信者だった、いうことです。

 

「授業をしっかり受けてれば大丈夫だ!」みたいな。

 

彼らが必死こいてノートとってるのを

見てた記憶がありますけど、

 

ノートを取れば偏差値が上がる

なんてことは無いんです。

 

「非常識勉強法」でも書きましたが、

むしろ偏差値が下がることだってあります。

 

必死こいてノートを取っている

受験生がいる中、僕みたいに授業を

見限って、「やってみる」、「できる」に

受験勉強の全ての時間を注ぎ込んでいる

受験生がいれば彼らの偏差値は

相対的に下がっていきます。

 

ノートを取るというのは、

「学習の三段階」で言えば、

「わかる」の段階です。

(ここで学習の3段階がわからない

という人はもうこの先を読まなくて

大丈夫です)

 

 

でも、偏差値を上げるのに必要なのは?

 

「やってみる」、「できる」の段階ですよね。

 

いくら真面目に授業を受けたって

それは「わかる」の段階ですから、

偏差値が上がらないのは当然なんです。

 

あとは「学校の定期テスト」にこだわりすぎ

というのもありましたね。

 

学校の成績なんて一般入試組に必要ないのに、

なぜか学校の勉強も頑張ってしまう。

 

現状に余裕がある受験生なら

両方頑張っても良いんですよ。

 

でも、現状に余裕がない当時の僕みたいな

受験生が学校の勉強も受験勉強も

頑張ろうとするとどうなると思いますか?

 

絶対キャパオーバーになって、

合格に必要な偏差値を上げることが

不可能になります。

 

学校の勉強も頑張りたい、

先生に褒められたい、嫌われたくない

というのは僕には分かりません。(笑)

 

「非常識勉強法」を読んでくれた

あなたならここまでの話を聞いて

では、何が最も効率の良い勉強法なのか

分かったと思います。

 

最短最速で一切の無駄を省いて

偏差値を大きく上げたいなら

「非常識勉強法」の最重要ポイント

である「参考書を使った自学自習」

しかありません。

 

学校の授業では、「わかる」ために

それこそ60分のうち実に半分近くの時間を

ノートを取ることに費やしますが、

参考書を使えばもうそんな無駄な時間を

費やすことが無くなります。

 

というのも「参考書」=「完璧なノート」

ですからね。

 

あんなに必死こいてとっていたノートが

アマゾンでポチれば一発で

手に入るんですから

本当にあの無駄な時間は

何だったんでしょうか。

 

ノートをとって偏差値が上がるというのが

違うというのは、言われてみれば

誰もが理解できることなのに、

なぜ皆ノートを取ることに疑問を

覚えないのでしょうか?

 

その理由はノートを取ることで

「謎の達成感」を味わうことが

できてしまうからです。

 

これは僕もありました。

何かノートを取ると満たされるんですよね。

綺麗な字でカラフルにノートをとって

それを眺めて満足してしまう。

 

これは非常に授業、ノートの

罪だと思います。

 

ここにいち早く気づいて、

授業という呪縛から逃れて

自学自習に切り替えられた人が

逆転合格を果たすことができます。

 

 

これまで、

あなたの偏差値が上がらない原因と

その解決策についてお話ししてきました。

 

学校や予備校での授業がひかに非効率か、

なぜ低偏差値受験生が予備校に通っても

 

謳い文句である

「前年度MARCH合格率80%!」

の80%に入れず入れず、

20%の方に入ってしまうのかが

分かったと思います。

 

それは、予備校のカリキュラムに

問題があるからですね。

 

1年で頑張っても10しか上がらない

ようになっているなんて、

元から低偏差値受験生は予備校からすると

相手にされていない証拠ですね。

 

しかも、この1年で10というのは

基礎ができていて予習・復習を

しっかりやっているのが前提です。

 

これは都市伝説でも何でもなくて

事実としてありますが、

頭の良い受験生は特待(無料)

で予備校に通えて、そいつらが払わない

授業料を普通の受験生が負担する

というものがあります。

 

予備校といっても普通の会社と同じで

ビジネスですから、

実績が必要なんですよね。

 

できる子はタダでも良いから、通わせて

実績にする。

 

元からできる子は手取り足取り教えなくても

勝手に偏差値を上げて、

難関大に受かってしまいますから

予備校からしたらコスパが良いんですよね。

 

 

あなたは見たことがありますか・・・?

 

偏差値40台の底辺高校に通う

ダメ受験生が数ヶ月で難関大に合格して

華々しく写真付きで 予備校の合格者実績

に載っているのを・・・。

 

僕は見たことありません。

 

家に届く予備校の冊子を見れみてください。

合格者の出身校を見たらどこもかしこも

偏差値60とか70です。

 

本当に怒りを通り越して、

悲しいです。

 

元からできる生徒を無料で通わせて

ちょっと背中を押したくらいで

いかにもうちの予備校は凄いです

みたいにアピールして、

できない受験生を釣ろうとするのが

予備校の手口です。

 

陰で特待のそいつらの代わりに

高い授業料を払って

満足に偏差値を上げられず

難関大に合格できなかった

多くの受験生がいるんです。

 

そもそも予備校のチューターやら

講師なんて坊ちゃん育ちで

私立中→開成高→東大みたいなやつ

ばっかりですからね。

 

そんなことは検索したらすぐわかります。

 

そもそも、

こんな奴らが底辺校の本当に勉強のできない

受験生の気持ちが分かるわけがないんです。

 

短期間で偏差値を20上げた経験なんて

無いでしょうから、教えようも

無いんですよね。

 

通ったところで

「何でそんなのもわからないんだ」、

「ちょっとあなたは無理でしょ」と

心の内で思われて、バカにされるだけです。

 

そんな体質の予備校に

高い金を払う受験生も受験生ですが、

本当に予備校のシステムは

終わってますよね。

 

あなたはしっかり自分の頭で

考えている受験生ですから

今この文章も読んでいることだと思いますし、

本当に賢い受験生だと思います。

 

徐々に「授業」という呪縛から解放されて

偏差値を爆発的に上げられる受験生に

近づいていると思います。

 

 

明日のメール講座では、

僕が半年で底辺からどうやって

偏差値を64まで上げて

MARCH合格まで辿り着いたのか

その全貌をストーリーで

お伝えします。

 

これであなたも今から偏差値を

実際に10→20と上げて、

難関大に合格するビジョンが明確に

描くことができる

ようになります。

 

今までおおっぴらに言えなかった

恥ずかしい話も読者限定のページですから

ぶちまけようと思います。

 

 

それでは、また明日メールしますね!

 

最後までお読みいただいたあなたには感謝です。

 

ハク