こんにちは、ハクです。

 

受験勉強のやる気が出ない人って多いと思いますが、そのような人に1つやってみて欲しいことがあります。

 

それが「整理整頓」です。

 

受験勉強で使う参考書だったり、塾の教材、学校の教科書、プリントで机の上がめちゃくちゃになっている人は今すぐに「整理整頓」をして欲しいと思います。

 

なぜ「整理整頓」がやる気を出すことに繋がるのか?

 

僕はサッカー元日本代表主将の長谷部誠が好きで、著書の「心を整える」という本を読んだのですが、そこにはこう書いてありました。

 

「整理整頓は心の掃除に通じる」

ドイツには「整理整頓が人生の半分である」ということわざがある。

日頃から整理整頓を心がけていれば、それが仕事や生活に規律や秩序をもたらす。

だから整理整頓は人生の半分と言えるくらい大切なんだ、という意味。

 

彼が相手を簡単に抜き去るドリブルであったり、試合を決める華麗なフリーキックといった突出した武器が無かったのにもかかわらず、長年日本代表の主将として、ドイツの1部リーグで活躍し続けることができたのもこういう部分が大きかったんじゃないかと思います。

 

この本には今言った「整理整頓」の話だけでなく、人として当たり前のことを愚直にやることの大切さを説いています。

 

「恨み貯金をしない」と著者は言っていますが、人の悪口は言わないとか、ほかには「苦しいことには真っ向から立ち向かう」とか「マイナス発言は自分を後退させる」とかです。

 

なんだかこういうのって何かで大きな結果を出す以上に大事なことだと思うんですね。

 

その土台というか。机がめちゃくちゃになっている人とか、自己管理がろくにできない人が大きな結果を残すのは難しいということです。

 

これって受験勉強に繋がっていると思います。

 

今回は「整理整頓」だけを取り上げますが、受験勉強をしていると机がプリントで散乱したり、受験勉強はもちろん、学校での悩みもあると思います。

 

そうすると心がザワザワして勉強に集中できなくなるんですね。

 

僕は元来だらしない性格で今でもその性格は残っていますが、時に異常なくらい綺麗好きを発揮して、自分の居場所はもちろん、家の掃除を一人で3時間ぐらいぶっ通しでやったりします。

 

整理整頓をしたり、掃除をすると心が洗われます。

 

マジで気持ちよくなりますよ。達成感、自己満足が大事。

 

ちょっとスピリチュアル的なことを言うと、さらに運が舞い込んできます。

(怪しいやつだと思われそうですが・・・笑)

 

受験勉強って凄いエネルギーが入りますし、机に向かうにもそれ相応の準備が整っていないといけないわけです。

 

そのためにまずは机の上が綺麗であることは大前提です。

 

部屋ごと掃除してもいいでしょう。

 

もちろん受験生にとって時間はとても大切ですので、整理整頓どころじゃないかもしれませんが、やる気が出なくて、気持ちが落ち着かないのであれば、この機に一度机の整理整頓、部屋の掃除をすると良いんじゃないかと思います。

 

物は試しです。やる気が出ないならとりあえず動きましょう!

 

ではでは!